二重になるために整形を受けましょう~キレイな目元美人~

女の人

目元の老化対策

顔

目の下のたるみは、現在様々な治療で取ることが出来ます。糸を使用して肌を活性化させる治療法や、ヒアルロン酸でふくらみを形成する方法などがその一例です。治療を選ぶ際には経験豊富な医師と相談の上、慎重に決めることが大切です。即決しない慎重さが求められます。

View Detail

まぶたの深刻な病気

婦人

眼瞼下垂は、まぶたが重くて目が開きにくくなる病気です。治療は一般的に外科的手術となります。眼瞼下垂は放置すると様々な弊害、時として深刻な弊害が発生します。ですから放置することは禁物です。簡単に言えば治療は目を大きくする治療ですが、美容目的ではないので保険が適用されます。

View Detail

パッチリとした目元に

目

手軽な埋没法

大阪には、美容に高い関心を持つ人が多い分、美容外科も多くあります。しかも昨今の大阪の美容外科では、プチ整形と呼ばれる、非常に手軽な整形手術もおこなわれるようになっています。そのひとつが、埋没法と呼ばれている二重まぶた術です。埋没法は、糸をまぶたの裏側に通して引っ張ることで、まぶたの表面にくぼみを作るという方法でおこなわれます。くぼむことでまぶたには溝ができるので、それによって二重の状態になるわけです。局部麻酔がおこなわれるので痛みはなく、糸を通す箇所も2箇所程度のことが多いので、手術は15分ほどで終わります。痛みによる恐怖や時間の負担が少なくて済む点からも、埋没法には高い人気があります。そのため大阪では、多くの人が気軽に美容外科に行き、埋没法による二重まぶた術を受けています。

確実性の高い切開法

ただし、まぶたに脂肪が多くついている人の場合、埋没法ではスムーズに二重まぶたにすることができない場合もあります。また、手術後に脂肪の厚みに負けて糸の結び目がはずれて、再び一重まぶたに戻ってしまう可能性もあります。ところが大阪の美容外科の多くが、そのような場合に備えて、埋没法以外の二重まぶた術をおこなっています。具体的には、切開法と呼ばれている整形手術です。まぶたの表面を切開して、二重の状態になるように縫合するというもので、効果は半永久的に持続します。さらに、切開の際にまぶたの内部の脂肪を抜き取って、厚みのないスッキリとした状態にしてもらうことも可能となっています。手軽なプチ整形の埋没法が適さないという人でも、大阪の美容外科では、このように確実性の高い切開法で、安心して美しい二重まぶたにしてもらえるのです。

たるみ治療は医療機関へ

フェイス

加齢によるたるみに悩んでいるなら、大阪の美容皮膚科に行ってみましょう。たくさんのマシンによる手軽な治療法があります。人気になっている高周波治療なら即効性と持続性が高く、しっかりとリフトアップ効果が望めます。

View Detail